Doctor’s Voice

先輩レジデントの声

後期研修医 / 2020年採用 / 男性医師

先輩医師や他職種と共に
取り組むことができる環境です

私が当院で働くこととなったきっかけは、ここでは様々な患者さんの診療にあたることができるよと大学の先輩から伺い、精力的に働いてらっしゃる姿を見させていただいたことでした。
私自身、実際に精神科研修を行わせていただく中で、あらゆる疾患、障害をもつ患者さんと救急から外来診療、入院診療問わず関わらせていただくことができ、児童病棟が新設されたことから子供から大人まで全年代の患者さんの診療にあたっております。また、当院の特徴でもある多くの関連部門・関連部署を含んだ地域連携や行政機関との関わりといったことも非常に多く、社会精神的な取り組みについて学ぶことができます。

そして精神科研修を行うにあたり、より良い患者さんの生活とは何かを常々自問自答しながら臨床に当たる中で、「こういった時にどのような言葉をかければいいのだろうか」「今の診療が患者さんの役に立ててているのだろうか」等と自身の至らなさに不全感を感じる時もあるかと思います。そのような時にここでは1人で抱え込むことなく、先輩医師や他職種のスタッフと共に取り組むことができる環境です。